2011年9月25日日曜日

cm4is01 最新版ソースコード

比較的簡単にCM4IS01がビルドできるようにしたソースコードを用意しました
IS01のrebuildに関わった様々な方々のパッチが適用済みです
パッチ作成者の皆さん、及び、rebuildに関わったすべての皆さんに感謝します

cm4is01_source-110927.tar.gz

ビルド方法
ubuntu上でのビルドを想定しています
adbの導入が完了しているものとします

1.パッケージのインストール
$ sudo apt-get install curl flex bison gperf libsdl1.2-dev build-essential git-core sun-java6-jdk
$ sudo update-alternatives --config java
ここでjava-6-sunを選択

2.repoを配置
$ mkdir -p ~/local/bin
$ curl http://android.git.kernel.org/repo > ~/local/bin/repo
$ chmod u+x ~/local/bin/repo
$ echo "export PATH=$PATH:$HOME/local/bin" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

3.CM6ソースの取得
$ mkdir -p ~/Development/android/cm4is01_android
$ cd ~/Development/android/cm4is01_android
$ repo init -u git://github.com/CyanogenMod/android.git -b froyo-stable
///現在kernel.orgが落ちているのでこちらを参考に
$ vi .repo/manifest.xml
path=device/common,device/generic以外device/全て削除
$ repo sync -j2
(CPUが4スレッドの場合はrepo sync -j4、8コアで-j8)

4.CM4IS01ソースを展開
$ mkdir ~/Development/android/tmp
$ cd ~/Development/android/tmp
ダウンロードしたソースをここで展開

5.IS01内のファイルを配置
IS01を接続し、
$ cd cm4is01_android.yuntan-110925/vendor/renax
$ sh get-is01-files.sh
//エラーが出まくりますが、仕様です。adbがIS01をきちんと認識してさえいればたぶん大丈夫。

6.gappsを配置
$ ./get-google-files

7.CM6ソースに上書き
調整したCM4IS01ソースをCM6のソースに上書き

8.wpa_supplicantを調整
external/wpa_supplicantを削除
ここからIS03 froyoのwpa_supplicantをとってきてexternalに展開
adhocを有効にしたかったらMarijuanaさんのパッチを適用
$ cd external/wpa_supplicant
$ patch -p0 < wpa_supplicant.patch

9.make
$ . build/envsetup.sh
(.と/の間に空白が必要)
$ lunch generic_nb30-userdebug
$ export USE_CCACHE=1
$ export TARGET_ARCH_VARIANT=armv7-a
$ export WITH_JIT=true
$ make -j2

10.make後の調整
system/lib/hwのlights.qsd8k.soを削除、lights.nb30.soをlights.qsd8k.soにリネーム
ソースからビルドしたCM4IS01を実機にうまく送り込むにつづく